快適な社内LANで快適ビジネス

LANはローカルエリアネットワークのことであり、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのネットワークを利用するための端末機器が最初に接続するネットワークになります。LANを通してインターネットに接続するため、現代では家庭から社内、また公共の場所などあらゆる場所でLANが導入されています。一方で、LANには種類としては、有線と無線の違いや通信速度の違いなどがあり、それぞれ使用する用途に応じて導入することが求められます。ニーズにあったLANを導入することによって快適なインターネットの通信環境を得ることが出来ます。特にビジネスにおいてインターネットは必須のアイテムとなっている現代では、通信環境の快適性がビジネスの快適性にもつながります。

LANの種類とその用途について

現代のビジネスにおいては、コンピューターは欠かせないものであり、またコンピューターのすべてはネットワークに接続することで、その威力を発揮します。このネットワークに接続するさいに端末のコンピューターが接続するものがLANです。LANはローカルエリアネットワークの略であり、ハブと呼ばれる機械を通してコンピューターを接続しますが、LANにもいくつかの種類があります。種類としては有線か無線であるか、また通信速度の違いです。有線の通信速度は10Mbps、100Mbps、1000Mbpsがあり、社内ネットワークでデータ量が少ないものでは100Mbpsで十分です。無線はWi-Fiが使われますが、それぞれ規格によって通信速度に違いがありますが、無線という性質上、有線に比べるとやや劣ります。いずれにしてもLANは家庭内や社内といった限定したエリアのコンピューターを接続し、ルータなどを通じてインターネットに接続される仕組みとなっています。

社内で利用するのならばどのタイプか

社内でLANを使う場合には、その目的によって変わってきます。例えば高速大容量で安定した通信を確保したいのであれば有線である必要があります。無線LANでも高速大容量の通信が可能なものも登場していますが、無線という特性上、通信が途切れるといったリスクがあり、安定した通信という意味ではリスクがあるためです。一方で、安定した通信を求めないのであれば無線LANのほうがメリットはあります。無線LANであれば、配線を最小限にすることができますし、端末を変えてもすぐに接続することが可能です。またスマートフォンやタブレット端末などはWi-Fiでしかネットワークに接続できないため、それらを業務のメインで使う場合には最初から無線LANを導入しておいた方が効率は良いといえます。

サンプルをご覧頂きました視聴者の方の声を多数ご紹介します。 無線LAN環境を構築した事例をいくつか掲載しています。 価格は無料でToDoや行動を表示させるカレンダーをアプリケーションで導入できます。屋内用と屋外用で取り扱っている製品の一覧を写真と共にご紹介しています。 家族や職場、様々な場所で管理ができ、お互いの予定を管理・確認するための便利なツールです。 社内のLAN環境整備のお手伝いはアクティス